« 赤ずきん感想 | トップページ | 暇あれば音楽 »

2006年7月 8日 (土)

2006 年第 2 四半期番組総評

2006 年第 2 四半期の深夜番組などの一言感想。

ARIA the NATURAL
前シリーズ ARIA the ANIMATION に比べて、新鮮さが感じられなくなった。単に自分が慣れてしまっただけだろうか。
Fate stay/night
たまに話の展開がぎこちなくなることがあったが、なかなか面白かった。
涼宮ハルヒの憂鬱
訣の分からない話の順番は、結局訣が分からないままだった。時間の流れと話の順番を変えると言うアイデアは個々の話をより面白くするのには役立ったが、シリーズ全体の梗概を理解しにくくしてしまった。しかし主人公の巧みな語り口や細かく作りこまれた動画などはとても印象的だった。
吉永さん家のガーゴイル
ハートフルアニメと触れ込んでおきながら全然ハートフルぢゃなかったが、わいわいがやがや楽しくやっていたのでよかった。小田急の 8000 形にそっくりな電車もよく記憶に残っている。
いぬかみっ!
登場人物が多すぎて、いるだけの存在になっている人物がいるのはちょっと残念。ギャグが非常にうまい。
.hack//Roots
話の進みが緩慢で、感情移入できる登場人物もいないためいまいち楽しみどころが無い。BGM は音楽としては美しいのだが、たまに話の雰囲気に合っていないことが。
獣王星
話の進展がやや早足だった。もう少しじっくり楽しみたかった。堂本光一の声はなかなか良かったが、どうも高山みなみとのギャップが……。
錬金 3 級 まじかる?ぽか~ん
気の狂ったようなはちゃめちゃなギャグがとても面白かった。何話か見れなかったのが残念。
ひまわりっ!
気の狂ったような訣の分からない話の構成は最後までやはり理解できなかったが、健気に頑張るひまわりには好感。しかしそれ以外に特徴らしい特徴がなかったのが残念。ひまわりは映っている時間は長かったが、他の女の子のほうが目立っていた。いかにもまだまだ続きがありますよという感じの最終回だったが、果たして本当に続きをやるつもりなのだろうか。
ひぐらしのなく頃に
原作ゲームはやったことが無いが、アニメ版を一話づつ見ただけでゲームと同じように事件の推理をしろといわれてもきついものがある。回答篇が始まる頃に問題篇の内容を忘れていないか心配。
女子高生 GIRL'S-HIGH
最終回はまだ見ていない。最初は触れ込みどおり下ねたが多かったが中盤以降はほとんどただのギャグアニメになってしまった。まあ、ギャグは確かに面白かったが。

|

« 赤ずきん感想 | トップページ | 暇あれば音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/10846243

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 年第 2 四半期番組総評:

» ひまわりっ! 2 [まじかんと雑記 ]
やっぱり『ひまわりっ!』続編やるんだ……。 [続きを読む]

受信: 2006年7月16日 (日) 12時23分

« 赤ずきん感想 | トップページ | 暇あれば音楽 »