« HTML は難しい……? | トップページ | 2006 年第 2 四半期番組総評 »

2006年7月 8日 (土)

赤ずきん感想

「おとぎ銃士赤ずきん」(1-2 話) を見た、というか、見てしまった。ので、その感想。

アニメ感想サイト各所で子供向けなのかオタク向けなのかどっちつかずだと言われているようで、確かにそういう印象は自分も感じたが、もともとオタク向けアニメだったのだからしょうがないか。でも土曜の朝 9 時にやるんだから、もっと子供向けらしくしてもいいんぢゃないかと。というか、オタク向けのコマーシャルが多すぎ。

話の展開の矛盾の多さは子供向けらしいんだけど、ギャグが全体的に子供向けっぽくない感じ。

二話目でオープニング主題歌の作詞が畑亜貴だということに字幕を見て気付く。一話目を見ているときは気付かなかった。畑亜貴が作った歌詞だと思いながら聞くと確かに畑亜貴らしさを感じるところがあった。

赤ずきんが歩くのを見ているとぺとぺとさんを思い出すなぁ。一歩踏むごとに「ぺとぺとぺと」。丸顔だしね。

ところで、赤ずきんの公式サイトは URIindex.html を抜かすと別のページが出るという珍しい作りをしている。(これが一番言いたかった)

|

« HTML は難しい……? | トップページ | 2006 年第 2 四半期番組総評 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/10845064

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ずきん感想:

« HTML は難しい……? | トップページ | 2006 年第 2 四半期番組総評 »