« #Script メモ | トップページ | 変数の重複宣言 »

2006年10月 3日 (火)

2006 年第 3 四半期番組所感

2006 年第 3 四半期に見た深夜番組などの一言感想。

ARIA The NATURAL
最終回などとても ARIA らしい回もあったんだけど、ネタ的に辛そうな回もちらほら。The NATURAL も 3 ヶ月で良かったんぢゃないの?
ゼロの使い魔
王道的な面は多いにしても、ちゃんと面白い話になっている点、良かった。でもちょっと駆け足気味だったか。エピソードタイトルのレタリングはどうせやるならもうちょっと手を入れてもよかったのでは。
つよきす
なかなか面白かったよ、最後の最後を除いては。いわゆる美少女ゲームが原作だが、女の子を主人公に据えたのは正解だった。
ラブゲッCHU
予想に反して面白かった。
いぬかみっ!
詰まらなくはなかったんだけれども、下ねたにしろ各人物の活躍にしろ中途半端なまま終わってしまった。
.hack//Roots
結局最後まで話の方向性が解らんままだった。ゲームをやりながら見ないと楽しめないよということなのだろうか。
ハチミツとクローバー II
やはりこういう話は俺には合わないようだ。独特の柔らかい感じの絵は好きだったんだが。
xxxHOLiC
結局シリーズ全体のテーマを見出すことができないまま終わってしまった。つまり、この番組は一体何を楽しむべき番組だったのか。全ては必然というキーフレーズは確かにあったし、実際それに付いて侑子が語る場面はあった。でもそれが半年のシリーズ全体において重要な意味を持っていたようには思われない。別に主人公に降りかかる災難を視聴者が眺めて楽しむというのがテーマというわけでもなかろうし……。
となグラ!
主人公二人の心理描写がある程度合理的になされているので違和感なく楽しむことができた。しかしたまに話が中途半端なところで終わってしまうため感情の変化が若干捉えにくかった。
ひぐらしのなく頃に
毎週一話づつ見ただけではあまり楽しめない作品のようだった。繰返し見て詳しく吟味すべき話なのだろう。
コヨーテ ラグタイムショー
設定がちょっと説明不足で、置いてけぼりを食らうことが。もっとじっくりやってくれれば……。
Lemon Angel Project
話が平板、というほどでもないが、もうちょっとひねりが欲しかった。
BLOOD+
結局どの人物にも感情移入できないまま終わってしまった。悪い印象は記憶にないが、いい印象も残っていない。
たけしのコマネチ大学数学科
中学高校のレベルにとどまらない高度な数学を扱う番組として、よくできている。どうせならもう少し先生による解説の時間を長くしてもよいのでは?
インパクト!
終わってしまうのが惜しい番組

|

« #Script メモ | トップページ | 変数の重複宣言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/12134211

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 年第 3 四半期番組所感:

« #Script メモ | トップページ | 変数の重複宣言 »