« TeXclip | トップページ | IE 7: a 要素以外に :hover を使うと重くなる »

2007年4月 1日 (日)

2007 年第 1 四半期番組感想

2007 年第 1 四半期に見た深夜番組などの一言感想。

京四郎と永遠の空
始めは脱兎の如く、終わりは処女の如し。まあ一応面白かった。
金色のコルダ
佳作。原作が恋愛ゲームだからといってそれに甘んずることなく各人物の性格描写に力が入っていた。
がくえんゆーとぴあ まなびストレート!
佳作。見ていて楽しくなれるアニメ。
Master of Epic The Animation Age
全体的に進行がのろいのでギャグが受けるタイミングを逸している。魅力的なキャラクタが揃っているのにもったいない。
SHUFFLE! MEMORIES
本編見ずに総集編ばかり見てもやはりぴんと来ないというよくある結論。
ゴーストハント
凄く真面目に作られていると思った。初回を見なかったのが悔やまれる。
ヤマトナデシコ七変化♥
ここまであれな SD を見たのは久しぶりな気がする。男の俺には面白かったが……。
武装錬金
面白かった。
のだめカンタービレ
なんかのだめより千秋の方が目立ってるんだが
ひだまりスケッチ
何よりも演出が主体のアニメ。なかなか興味深いアニメだった。
Venus Versus Virus
色々な点で説明不足の感。必要なシーンが随所で抜けているような。
Saint October
いろいろ中途半端だがどこまでわざとやっているのかわからん。
コードギアス 反逆のルルーシュ
スケールのでかい話だがそれを持て余しているということはないようだ。
こんな所で続きは数箇月後ですとかいわれても。
ひまわりっ!!
最後、もっと盛り上げてもよかったのではないか。
史上最強の弟子ケンイチ
サイドストーリーはあれだが本筋はそれなりに面白い。
少年陰陽師
随分真面目なアニメだった。

|

« TeXclip | トップページ | IE 7: a 要素以外に :hover を使うと重くなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/14416302

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 年第 1 四半期番組感想:

« TeXclip | トップページ | IE 7: a 要素以外に :hover を使うと重くなる »