« Validator/lint に関して望まれる(べき)こと | トップページ | Another HTML-lint (等)について その 7 (まとめ) »

2007年8月 6日 (月)

Another HTML-lint (等)について その 6

ちょっと AHL 等についてあまり熟慮しないまま書き殴ってしまった感があるので少少反省。でもこのまま続ける。

はてなブックマーク - 雑記のネタ帳兼メモ / 2007年08月06日

そんなに英語だとだめなのかなぁ。Validatorなんて大した英語使ってないのに。日本人の英語敬遠度合いは異常。

HTML の仕様書の解釈や意図についていつも侃侃諤諤の議論を止められないような人は問題ぢゃあない。問題は、HTML の仕様書を全然見たことがないとか、HTML に仕様書があることなんて知らないとか、そもそも HTML のようなコンピュータ言語はちゃんと仕様書に従って書かないといけないということを理解していないとか、そういう人たちだ。

HTML そのものに興味がある人は、HTML の仕様書などを読むための手段として英語を学ぶ労を厭わないが、HTML が単に自分のウェブページをいじるための手段に過ぎない人にとっては、英語を読むことさえ苦痛だ。そもそも日本人の英語レベルに鑑みれば、普通の日本人は valid という単語の意味すら分からないと思われる。

Another HTML-lintを活用すべき (俺的メモ)

所詮 Another HTML-lint も lint なんだよ。と言う意味がよく解らなかったです。

一般に lint によるソースコードの評価は基本的にその lint (の作者) の主観に基づくものであるというのは恥ずかしながらはじめて知りました。ただ、その主観の元にあるのはやっぱりW3Cが定めている基準じゃないのかなー?

ソースコードが仕様にのっとって書いてあるかどうかを判断するのが validator で、仕様にあっているかどうかとは関係無しに、間違っている可能性が高いと思われる箇所を指摘するのが lint。定義により、lint はその判断から主観をなくしきることは出来ない。

例えば Another HTML-lint の特徴の一つは評価結果が「点数」になって出てくるところだが、この採点基準はどうなっている? どうやら採点は減点方式で、エラーがあるごとにエラーの種類に応じて減点されるようだ。ではどのエラーでどれだけ減点するのかは誰が決めた? そしてその根拠は?

あるいは、<A> のアンカーとして `ここ` などを使うのは好ましくありません。という指摘をする一方で、class 属性の属性値に `center` などを使うのは好ましくありません。のような指摘をしないのはなぜか。

注: これらの例は lint が主観的であることを説明するために挙げているのであって、Another HTML-lint の具体的な動作の仕方を批判しているのではない。

|

« Validator/lint に関して望まれる(べき)こと | トップページ | Another HTML-lint (等)について その 7 (まとめ) »

コメント

「 のアンカーとして `ここ` などを使うのは好ましくありません。」は、*3*の警告なので、WAIとかRFCとかで宜しくないとされているものについての警告です(文法的にもHTML的にも正しいという前提での警告)。根拠としてはWCAG 1.0のCheckpoint 13.1が該当します。AHLでは「ここ」「クリック」「here」「click」などの単語がリンクテキストに含まれているときに出ますが、当然のことながら、この結果を見てどう対応するかはサイト実装者(あるいはサイト実装方針)に依存します。

投稿: yuu | 2007年8月 8日 (水) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/16024560

この記事へのトラックバック一覧です: Another HTML-lint (等)について その 6:

« Validator/lint に関して望まれる(べき)こと | トップページ | Another HTML-lint (等)について その 7 (まとめ) »