« テレビ番組等感想 その 79 | トップページ | テレビ番組等感想 その 80 »

2008年2月16日 (土)

ヒアドキュメントの実装 その 3

PIPE_BUF が定数でない環境を考慮して、パイプでヒアドキュメントの内容を渡すのは止めることにした。内容が 0 バイトでも一時ファイルを使う。

一応 PIPE_BUF は 512 以上との規定があるので、512 バイト以内ならどんな環境でも大丈夫の筈だが、プログラムの簡潔さを優先してパイプは止める。

リダイレクトの実装はまだやっていないが、明日こそは。

|

« テレビ番組等感想 その 79 | トップページ | テレビ番組等感想 その 80 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/40146993

この記事へのトラックバック一覧です: ヒアドキュメントの実装 その 3:

« テレビ番組等感想 その 79 | トップページ | テレビ番組等感想 その 80 »