« yash: パーサ書き直し | トップページ | テレビ番組等感想 その 85 »

2008年2月29日 (金)

yash: パーサ書き直し その 2

よく考えたら、コマンド置換の外で予め定義しておいたエイリアスは、実際にコマンド置換を行うときにエイリアス置換の対象とならなければならないのだった。となるとやはり、最初にコマンド全体を解釈する際に $( ) の中も解釈することは出来ないな。

また、コマンド置換の中にヒアドキュメントがある場合も考えていなかった。

cat $(cat <<END
here-doc in command substitution.
END
) <<END
here-doc
END

以下はシェルによって挙動が異なる例:

cat $(cat <<END) <<END
here-doc
END

|

« yash: パーサ書き直し | トップページ | テレビ番組等感想 その 85 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/40311187

この記事へのトラックバック一覧です: yash: パーサ書き直し その 2:

« yash: パーサ書き直し | トップページ | テレビ番組等感想 その 85 »