« 意見と人格 | トップページ | テレビ番組等感想 その 104 »

2008年6月28日 (土)

弱肉強食ということですね、わかりません

Web上に文章を公開して変に傷つくくらいだったら、公開しない方が幸せだと思います。

それは苛められっ子は学校に言っても苛められるだけだから登校せず家に引き篭もっていた方が良いというのと同じで、被害者側が苦痛を受けることは確かになくなるけれども、ウェブに文章を公開したいという願望は叶えられないままだ。

俺は、苛められっ子が学校に行きたがっているならば苛めっ子を停学処分にしてでも苛められっ子を登校させるべしと思っている。現実として苛めはあるけれども、取り敢えず登校しなければ苛められることもないよねという対症療法には賛同できない。この世から苛めを根絶することが不可能であったとしても、今日も頑張って苛めに耐えるんだよといって我が子を送り出す親にはなりたくない。

|

« 意見と人格 | トップページ | テレビ番組等感想 その 104 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/41672032

この記事へのトラックバック一覧です: 弱肉強食ということですね、わかりません:

« 意見と人格 | トップページ | テレビ番組等感想 その 104 »