« テレビ番組等感想 その 224: 正字正假名アニメとしての化物語 | トップページ | 無題 »

2009年8月24日 (月)

Yash 2 その 132: シグナル処理方針の変更

シェルが内部で使用している printf などの関数がシグナルハンドラにより割り込まれてエラーになる問題を解決するために、シグナルハンドラを設定したシグナルは常時ブロックすることにした。

シェルが受信したシグナルを処理すべきタイミングは以下の三つ。これらのタイミングでのみシグナルのブロックを解除してシグナルを受け入れる。

  • シェルがコマンド等の入力を待つ時
  • シェルが子プロセスの終了を待つ時
  • トラップを処理する時

全てのシグナルを常にブロックする案は POSIX の規定に反するので却下。

これ以外にもいろいろシグナル周りのコードの書き換え中。いい加減シグナルのことはこれきりにしたい。

|

« テレビ番組等感想 その 224: 正字正假名アニメとしての化物語 | トップページ | 無題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/46011958

この記事へのトラックバック一覧です: Yash 2 その 132: シグナル処理方針の変更:

« テレビ番組等感想 その 224: 正字正假名アニメとしての化物語 | トップページ | 無題 »