« Yash 2 その 135: シェルの実行速度比較 その 2 | トップページ | テレビ番組等感想 その 226 »

2009年9月11日 (金)

Yash 2 その 136

現在のジョブと前のジョブを選ぶ基準が POSIX に準拠していなかったことに今更ながら気づいたので修正。

POSIX 2008 の jobs コマンドの規定によると、停止しているジョブがあるときは現在のジョブはその中から選ばなければならないおよび現在のジョブの他に停止しているジョブがあるときは前のジョブはその中から選ばなければならない

序でに現在のジョブを変更する条件を指定できるオプションとして、既存の curasync に curbg と curstop を加えた。これらのオプションはデフォルトでオンになっているが、上記の POSIX の既定の方が優先する。

|

« Yash 2 その 135: シェルの実行速度比較 その 2 | トップページ | テレビ番組等感想 その 226 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/46177666

この記事へのトラックバック一覧です: Yash 2 その 136:

« Yash 2 その 135: シェルの実行速度比較 その 2 | トップページ | テレビ番組等感想 その 226 »