« テレビ番組等感想 その 231 | トップページ | テレビ番組等感想 その 233 »

2009年10月 4日 (日)

テレビ番組等感想 その 232

犬夜叉完結編は合間の CM 中にちらっと見られればいいや。

アスラクライン 2 第 1 回 (第 14 話)。スタチャの地方局枠が SD 画質に退行。相変わらずこの番組は意外性があるんだかないんだかわからない落ちを最後に持ってくるな。前シリーズの続きなので特にどうということもないのだが、前シリーズで半ば空気ヒロイン化していた操緒に今シリーズではどういう見せ場があるか期待したい。

生徒会の一存第 1 回。花田十輝が本領を発揮してきたぞ。アニマゲ業界に関する様様なパロディがてんこ盛り。脚本家がねたに変なこだわりを持たなければ今後も楽しめそう。

ホワイトアルバム第 14 回。相変わらず目も当てられない状況だな。理奈が追い詰められている代わりに由綺は割とピンピンしている。

とある科学の超電磁砲第 1 回。こうして見ると美琴って案外性格が当麻に似ているな。ていうか変なジュースって……。

|

« テレビ番組等感想 その 231 | トップページ | テレビ番組等感想 その 233 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/46389158

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組等感想 その 232:

« テレビ番組等感想 その 231 | トップページ | テレビ番組等感想 その 233 »