« Yash 2 その 149 | トップページ | Google 日本語入力試した »

2009年11月30日 (月)

Re: 闇黒日記平成二十一年十一月二十九日

たかがスペースとかカンマとかなどと簡単に言い切ってしまう点が、日本人の英語に対する考えの浅はかさを端的に表しているのだろう。

野嵜さんはやたらと本質ばかりを強調するけれども、それは本質以外の重要事項を軽視しているということでもある。文書というものは、文字と記号の並びによって人の考えを伝えようとするものであり、そのためには当然文字・記号が正しく使われることが必要だ。文書の書き方を軽視してよいとする理由がどこにあるというのだろう。

ところで、俺は批判されるべき知的エリートのインテリらしいのだが、野嵜さんはなぜ俺が知的エリートのインテリなのか、なぜ知的エリートのインテリは批判されるべきなのか、陸に説明していない。これは野嵜さんの大嫌いなレッテル張りとどう違うのか俺にはよく分からない。というか、マナーや礼儀の類の主張を非難するんだったら、俺が居丈高だったり意地悪だったりしても文句言っちゃいけないんじゃないの。それとも野嵜さんにとっては俺の口調や態度がこの話題の本質なのだろうか。

|

« Yash 2 その 149 | トップページ | Google 日本語入力試した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/46895266

この記事へのトラックバック一覧です: Re: 闇黒日記平成二十一年十一月二十九日:

« Yash 2 その 149 | トップページ | Google 日本語入力試した »