« テレビ番組等感想 その 250 | トップページ | Yash 2 その 155: プロンプトとコマンドラインのカラーリング »

2009年12月25日 (金)

Yash 2 その 154

Zsh や tcsh ではお馴染みの右プロンプトを yash にも実装した。

  • (端末内で yash の右プロンプトが動いている様子の図)

Yash では普通のプロンプトと右プロンプトの他にアフタープロンプトというプロンプトを設定することができるようにした。これは行編集でコマンドの入力が終わった直後に出力されるもので、行編集中に文字の色を変えていたのを元に戻すのに使える。これにより、入力したコマンドと、実行したコマンドの出力とで、文字の色を変えることができる (上図)。ただ今のところ、これをやるために必要なプロンプトの指定のしかたがあまり分かりやすくないので、この機能の仕様については再検討の余地あり。

右プロンプトを実装する序でに、行編集で端末に文字を出力する機能に関するコード全般を大幅に書き換え、read 組込みで端末から変数の値を読み込む際も行編集を使うようにした。更に PS4 変数等を適当に設定することでトレースのカラーリングも可能になる予定。

|

« テレビ番組等感想 その 250 | トップページ | Yash 2 その 155: プロンプトとコマンドラインのカラーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/47107850

この記事へのトラックバック一覧です: Yash 2 その 154:

« テレビ番組等感想 その 250 | トップページ | Yash 2 その 155: プロンプトとコマンドラインのカラーリング »