« ソフトウェアの開発者と利用者の話 その 2 | トップページ | テレビ番組等感想 その 276 »

2010年5月17日 (月)

自衛のための説明

まあ、あれだ、俺も面倒な揉め事は避けたいので、何かが起こる前にある程度逃げ道を準備しておいたほうがよいのだろう。利用者の意見や要望はできるだけ聞くように努めるが、利用者の望みを何でも叶えてやれる訣ではないということを、yash や mfind の説明書に明確化しなくては。もちろんこれで全ての問題を回避することができる訣ではないが、利用者が俺に過度な期待をしてしまうのをある程度防ぐことはできよう。

|

« ソフトウェアの開発者と利用者の話 その 2 | トップページ | テレビ番組等感想 その 276 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/48386518

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛のための説明:

« ソフトウェアの開発者と利用者の話 その 2 | トップページ | テレビ番組等感想 その 276 »