« ソフトウェアの開発者と利用者の話 その 4 | トップページ | Yash 2 その 174 »

2010年5月29日 (土)

Re: 闇黒日記

まじかんと氏は、「批評家野嵜一個人 v.s. プログラマまじかんと氏一個人」の對決に矮小化して、話をしようとしてゐる。

俺としてはそういう積りはないんだけれども、書いているうちになぜかそういう文章になってしまう。その他、俺の文章の下手糞さと読解力の不十分さのせいであまり益のなさそうな議論に巻き込んでしまい申し訣ない。


これ、最近流行りの用語で、「上から目線」と言ふらしい。

叶えてやれるという表現は、単に開発者が利用者の希望を実現しそれが結果として利用者の利益になるという事象を表しているだけであって、開発者が利用者を見下していることを含意しているのではありません。俺が他の個所で用いた (かもしれない)やるあげるもらう等の表現についても同様です。

まじかんと氏は、野嵜を乞食も同然だと言つてゐる

としまさんや野嵜さんは乞食のような卑しい人物だと言ったのではありません (し、そもそも俺は乞食が卑しいとも思っていません)。与えられることが当然のことだといつの間にか勘違いするようになったということを喩えただけです。

大概の利用者は……のくだりについては謝罪・訂正します。その他、これまでの記述のうち誤解に基づくものと思われるものを取り下げます。

|

« ソフトウェアの開発者と利用者の話 その 4 | トップページ | Yash 2 その 174 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/48490658

この記事へのトラックバック一覧です: Re: 闇黒日記:

« ソフトウェアの開発者と利用者の話 その 4 | トップページ | Yash 2 その 174 »