« Yash 2 その 175 | トップページ | Subversion 1.5 以降での機能ブランチのマージ »

2010年6月14日 (月)

Yash 2 その 176

シェルへの入力を読み込む処理をいろいろ書き変えた。

入力を読み込む際に read 関数がブロックしないようにするために、これまではファイル記述子に O_NONBLOCK フラグを付けていたのだが、代わりに pselect 関数で入力があるかどうか確認するようにした。Read の前に毎回 pselect するとだいぶ遅くなるかと思ったが、大して変わらなかったので良しとする。

|

« Yash 2 その 175 | トップページ | Subversion 1.5 以降での機能ブランチのマージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/48627839

この記事へのトラックバック一覧です: Yash 2 その 176:

« Yash 2 その 175 | トップページ | Subversion 1.5 以降での機能ブランチのマージ »