« テレビ番組等感想 その 288 | トップページ | VirtualBox 内の Fedora 13 で Compiz »

2010年7月11日 (日)

Yash 2 その 179

補完設定ファイルを自動的に読み込む機能はできたが、肝心の設定ファイルがない。これから一つ一つちまちまと作っていくことになる。

設定ファイルはいくつ要るのか。今俺が使っている Fedora 環境に入っているコマンドをざっと数えてみると、2700 弱。もちろんこれ全部に補完設定を用意する訣にはいかないし、俺の環境に入っていないコマンドで補完設定の需要があるものもある。他のシェルの対応はどうなのかというと、zsh に付属している補完ファイルの数が 620、fish のが 229。また bash-completion が設定するコマンド数は 585。先ずは fish に追いつくのが目標か。

取り敢えず ls コマンドの設定だけ書いた。

|

« テレビ番組等感想 その 288 | トップページ | VirtualBox 内の Fedora 13 で Compiz »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/48854673

この記事へのトラックバック一覧です: Yash 2 その 179:

« テレビ番組等感想 その 288 | トップページ | VirtualBox 内の Fedora 13 で Compiz »