« テレビ番組等感想 その 321 | トップページ | Yash 2 その 211 »

2011年4月11日 (月)

テレビ番組等感想 その 322: 2011 年第 1 四半期の纏め

例によって大体面白かった順。

放浪息子
これほど感想を書きにくいアニメも珍しい。それでもとにかく面白かった。登場人物が皆よく描かれている。
夢喰いメリー
主人公たちに対する困難の与え方がえぐくて、だからこそそれに立ち向かう彼らに共感できる。まどかマギカの陰に隠れてしまったのが惜しい傑作。そしてメリーかわいい。
君に届け セカンドシーズン
いい感じに話が締め括られて、もう思い残すことはないね。
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
俺妹とは逆に妹が兄を観察するアニメかと思えば――確かにそういう点もあるだけれども――様様な変態たちが思い思いの方法で突っ走るカオスアニメだった。
テガミバチ リバース
相変わらずの脱力系アニメだった。大して褒めるべきところもないんだけれども、なぜか愛着が湧くんだよね、このアニメは。
みつどもえ 増量中
相変わらず面白かった。
フラクタル
作り手の意気込みは感じられるものの、王道をゆくか、独自性を追い求めるか、作品の方向性があやふやなまま作られてしまったように見える。これが監督のやりたかったことの全てであるというのであれば、別にそれでもよいけれども……。
インフィニットストラトス
たまにはこういう気楽に見られるハーレムアニメがあってもいいね。この類のものはもう飽きたと思っていたけれども、案外そうでもなかった。
これはゾンビですか
変態的な面ではおもしろかっただけにストーリーが惜しい作品。
リオ レインボーゲート!
突出した点はなけれども、目立った欠点もなく、全体的にはだいたいよくできたアニメだったかと思う。
ドラゴンクライシス!
昔からありそうなタイプのラノベ原作駄ニメだった。
フリージング
やっぱり MF アニメは百花繚乱くらいコミカルじゃないと駄目だわ……。

|

« テレビ番組等感想 その 321 | トップページ | Yash 2 その 211 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/51285506

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組等感想 その 322: 2011 年第 1 四半期の纏め:

« テレビ番組等感想 その 321 | トップページ | Yash 2 その 211 »