« 近況 | トップページ | テレビ番組等感想 その 380 »

2012年4月 5日 (木)

テレビ番組等感想 その 379 (2012 年第 1 四半期の纏め)

例によって大体面白かった順。

ちはやふる
とても良くできたスポーツアニメ。日テレ火曜深夜枠はこうでなくては。
あの夏で待ってる
コメディをやっている時でも BGM が静かなのは監督の癖なのかなぁ。恋愛ものとしてはやはりよくできている。
アナザー
アリプロの主題歌がよく似合うような、こういうホラー系作品ももっと増えてほしい。中学生が怪死してゆくとか設定を考えただけでゾクゾクするだろ。世間は鳴ちゃんのかわいさにしか興味がないようだけれども……。
未来日記
序盤が衝撃的で毎回ワクワクしながら見ていた一方、終盤は話を広げすぎて展開に困っている雰囲気がしたのがちょっと残念。とはいえ十分面白かった。
ゼロの使い魔 F
長いお話もついに完結。異世界から来て平民扱いされた少年が、騎士となり、貴族として領地を与えられ、貴族の娘と結婚......と振り返ると、なかなか感慨深い。相変わらずヒロイン以外の女の子が目立ち過ぎなのが唯一の不満。
ペルソナ 4
ゲームが原作とはいえ脚本もなかなか自由な感じで堅苦しくなかった。絵もかっこ良く決まっていた。(というか、本筋よりサイドストーリの方が面白かったんじゃないか)
探偵オペラ ミルキィホームズ 第 2 幕
相変わらず楽しいアニメだった
ラストエグザイル 銀翼のファム
戦争という大きな舞台の中で主人公たちをうまく活躍させられていたと思う。しかしこの作品はむしろ映像面で評価されるべきものなんだろうな。
戦姫絶唱シンフォギア
脚本にしても演出にしても演技にしても微妙に空回りしている感じがしたが、全体としてはそこそこ楽しめた。
キルミーベイベー
こんなに登場人物が少ないのに全然ネタがなくなる気配がしない、シットコムのお手本のような作品。そしてオープニング主題歌の破壊力。
パパのいうことを聞きなさい!
女の子のかわいさでは今期トップで、シットコムとしてみるとなかなか面白いが、シリアスな話になると話が都合よく進みすぎて拍子抜けした。
ハイスクール D×D
MF アニメにしてはそこそこ筋の通ったストーリーでなかなか楽しめた。やはり、伊藤誠氏の関係する作品は俺の興味に合うものが多い。
偽物語
前作に引き続き演出は冴えているけれども、今作の話は妹ちゃんが割と蚊帳の外で今一ぱっとしなかった。白金ディスコはファンク好きとしてもなかなか興味深い主題歌だった。
妖狐 × 僕 SS
最初は何がしたいのかよくわからなかったが、最終的にちゃんと恋愛の話に発展して一安心。
夏目友人帳 肆
本編も感想も完全にネタ切れ。
灼眼のシャナ III Final
話が戦争にフォーカスしすぎて各人物があまり目立たなくなってしまったのが残念。水着やら温泉やら色恋沙汰には目もくれずずっとシリアスな話を描き続けたことは評価したいが……。
ブラック★ロックシューター (ノイタミナ版)
解ったようで良く解らない作品。 3D モデリング CG は見事な出来だが……。
男子高校生の日常
全然つまらないというほど酷くはないが、キャラデザにしても笑いのネタにしても色色微妙。シットコムのくせに笑いの取り方が演出の勢いに頼り過ぎ。

以下は最近見た再放送作品

タイガー & バニー
話も映像も本当に良くできた作品。外国が舞台でドジなおっさんが主人公とか、今の日本ではおおよそ流行りそうもない設定だったが、そんなことはこの作品では全然ハンディキャップにならなかった。

|

« 近況 | トップページ | テレビ番組等感想 その 380 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/54249720

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組等感想 その 379 (2012 年第 1 四半期の纏め):

« 近況 | トップページ | テレビ番組等感想 その 380 »