« Yash 2 その 278: 単語展開の過程の効率化 | トップページ | Yash 2 その 279: Yash 2.40 出した »

2016年1月 5日 (火)

テレビ番組等感想 その 447: 2015 年第 4 四半期の纏め

脇見が多くて、ろくに見てない作品が大半だったりする……。

ご注文はうさぎですか??
すばらしい日常系コメディでした。
終わりのセラフ (名古屋決戦編)
前期よりは話に中身があった。話はまだまだ終はりさうにないけれども、話がどんどん進んでゐるといふ感覚はあるので十分楽しめてゐる。
ノラガミ Aragoto
今期もおもしろかった。話のテンポがいいし、ネタが尽きて来てゐる感じもしない。
コンクリート・レボルティオ: 超人幻想
おもしろい。ちゃんと見てても気を抜くと直ぐ話に置いてかれる、密度の濃い作品。
ハッカドール
良コメディー。雰囲気と笑はせ方のセンスが好き。絵の枚数が少なくてもあまり気にならない。
ゆるゆり さん☆ハイ!
今期もすばらしいほっぺたアニメだった。
緋弾のアリア AA
半分以上が変態百合アニメだった。キャラのかはいさで許されるべきアニメなんだらう。
対魔導学園 35 試験小隊
そんなに悪い印象はないけれども、内容はあまり頭の中に残ってゐない。キャラデザは割と好みだった。
落第騎士の英雄譚
そんなに悪い印象はないけれども、内容はあまり頭の中に残ってゐない。どうもたまに脚本より演出が先行してしまふ感じが好かん。
すべてが F になる: The Perfect Insider
ノイタミナらしいオサレアニメ。推理物だと思って意気込んで見ない方が良かった。推理物としては、5-7 話くらゐで終はらせた方が良さうな話の濃さ。
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
そこそこおもしろかったはずなんだけど素直に楽しめてゐない自分がゐた。毎回結構違ふ方向性の話をするので見所を見出すのに手間取る感じ。
ランス・アンド・マスクス
ほっぺたアニメとしてのキャラクタデザインは全く素晴らしいのだけれども、本当にこれ需要あるのかってくらゐ理解できない設定とストーリーだった。
終物語
見てゐた様で、ほとんど覚えてゐない。物語シリーズへの興味が尽きて来てゐる。
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツ♥された件
最初はただのつまらないアニメだったが終盤はおバカなコントアニメになった。
学戦都市アスタリスク
初めの方は何となく見てゐたが、後半はあまりドラマ性が無く……。
コメット・ルシファー
それなりに優れたスタッフが揃ってた筈なのに脚本が全てを駄目にしていった様なアニメだった。話の流れが支離滅裂。主人公の年齢が十代前半だったら子供向けの作品といふ体でまだ許せたかもしれない。

|

« Yash 2 その 278: 単語展開の過程の効率化 | トップページ | Yash 2 その 279: Yash 2.40 出した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/62899259

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組等感想 その 447: 2015 年第 4 四半期の纏め:

« Yash 2 その 278: 単語展開の過程の効率化 | トップページ | Yash 2 その 279: Yash 2.40 出した »