« Yash 2 その 283: wait 組込みの終了ステータス | トップページ

2017年4月 1日 (土)

テレビ番組等感想 その 452: 2017 年第 1 四半期の纏め

今期はまあまあ豊作だった。相変はらず流し見率は高い。ほっぺたの時代はまだまだ続く。

けものフレンズ
今期の名作。脚本が良かった。ほのぼのした話で始めて最後にシリアスなクライマックスを持ってくるものは割とよくコケるんだけれどもこれは上手くまとめ上げた。全体のキャラは多いが主要人物を二人に絞ってゐるのでロードムービーのやうに深くその二人を描けてゐる。結果としてキャラによく愛着の湧く作品となった。
うらら迷路帖
今期のほのぼのほっぺたアニメ 1。主題歌も二曲とも良い。
小林さんちのメイドラゴン
ほのぼのほっぺたアニメ 2。こちらも主題歌が良い。
にゃんこデイズ
今期のほのぼのほっぺたアニメ 3。15 分位の枠でやって欲しかったのが本音。2 分ではにゃんこの魅力を伝へるには短すぎる……。
ガヴリールドロップアウト
今期のほのぼのほっぺたアニメ 4。ヴィーネとサターニャがいいキャラしてた。
亜人ちゃんは語りたい
ほのぼの準ほっぺたアニメ。原作通りおもしろかった。
Akiba's Trip
下ネタが多い割には大体ほのぼのしてゐるイヤホンズ駄ニメ。まあまあのほっぺた。
クズの本懐
登場人物はうぶな人が多いのになかなかアブノーマルな恋愛関係を発展させてゐてようやるなあ。
政宗くんのリベンジ
設定はいいんだけれども、政宗くんが安達垣さんにやり込められる場面が多くてあまりおもしろみがない。安達垣さんがかはいかった。オープニング曲のサビが耳に残る。
ピアシェ: 私のイタリアン
ほのぼのほっぺたアニメ。Comico 作品。渡辺さんが原作といふだけあって素の渡辺さんの絵が見られる番組となった。桜井監督作品としても普通によくできてる。
信長の忍び
ほのぼの(?)ほっぺたアニメ。
昭和元禄落語心中 助六再び篇
落語家たちの人生を描くといふことに最後まで忠実だった良作。
3 月のライオン
シャフト演出がしばしばどぎつくて話が頭に入ってこないこともあったが、少年棋士の普通の高校生徒は違ふ青春心理は題材として新鮮だ。
ハンドシェイカー
背景の CG の使ひ方が斬新だった。3D ゲームの様に背景をぐりぐり動かしつつ 2D の手書きの人物の絵を載せるので人物は彩度を薄く塗らざるを得ず、止め絵であまり見栄えしないのが惜しい。綺麗な絵に負けない位にもっと実のある脚本だとなほよかった。サントラはいつ発売するんですか?
アイドル事変
謎の政治家アイドルアニメ。オープニングは良かった。
風夏
恋愛とロックバンド、普通の青春もの。草川啓造作品がおもしろかったのは十年前かなぁ……。
この素晴らしい世界に祝福を! 2
前作と変はりなく、特に言ふべきこともあらず。
幼女戦記
設定の出落ち。主人公は有能ではあるものの厭厭戦争に参加させられてゐる立場なのでなかなか共感され難く……。
One Room
上級者向け一人称視点アニメ。個人的にはかういふのはあざとすぎると感じてしまふのであまり好みでない。
南鎌倉高校女子自転車部
話が陳腐で全く興味を引かない。ろんぐらいだぁす! の直後だったのが運の尽き。
エルドライブ
流してたけどあまり見てない。原作も読んでないし。俺の好きなタイプの話ではない。
Chaos; Child
流してたけどほとんど見てない。
Rewrite
俺はもう Key 作品をおもしろいと思へる年代ではなくなってしまった様だ。キャラはかはいいんやけど……。

|

« Yash 2 その 283: wait 組込みの終了ステータス | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/65091273

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組等感想 その 452: 2017 年第 1 四半期の纏め:

« Yash 2 その 283: wait 組込みの終了ステータス | トップページ