« Yash 2 その 285: エイリアス置換の細かい挙動 | トップページ

2018年1月 8日 (月)

テレビ番組等感想 その 462: 2017 年第 4 四半期の纏め

今期もまあ豊作でしたかね。自分の評価の高い作品は世間ではあまり流行ってゐないみたいだが。

Urahara
ほっぺたアニメ。キャラがかはいく背景もゆるい。春奈るなさん声優できるやん。
少女終末旅行
ほぺった……といふか饅頭みたいな顔。原作の雑な雰囲気を損なはずにうまくアニメ化してゐたと思ふ。
ブレンド・S
ほのぼのコメディー。中山さんの元の絵柄よりほっぺた度が高かったと思ふ。
このはな綺譚
ほのぼの異世界ドラマ。柚のくりくりした目と純真さがいとほしい。
アニメガタリズ
にはかが観るべきアニオタ入門番組。オリジナル作品ながら相当脚本が練られてをり、パロディーの使ひ方も上手い。
魔法陣グルグル
なぜ今リメイクしたのか。懐かしのほのぼの冒険ほっぺたアニメ。
食戟のソーマ 餐ノ皿
今期もおもしろかった。
キノの旅: The Beautiful World
なぜ今再アニメ化したのか。
妹さえいればいい。
最近流行ってきつつある(?)作家主人公もの。平坂さんらしい、残念な登場人物が賑やかでおもしろい。毎回飲んでゲームしてばかりだった様な気もするが……。
宝石の国
3DCG アニメとしてはキャラクターの表情の表現を相当頑張ってゐる。ギャグシーンの笑はせ方もうまいが、シリアスなシーンの演出が弱くあまりシリアスに見えないので、宝石と月人との関係に迫る話の本筋に興味が惹かれない。シリーズ構成も長い原作の序盤を消化しただけで、せっかくアニメ化したのにクライマックスらしい場面がないのはもったいないのでは。
Fate/Apocrypha
登場人物の多さを活かしきれてゐない感じもするが、一往おもしろかったかな。アストルフォ君がかはいかった。
ラブライブ! サンシャイン!! (第 2 期)
9 人の個性がチームの中でもっと活きるストーリーにできれば良かったんだけど……。
Wake Up, Girls! 新章
よく頑張って続きを作ったなと思ふ。
クジラの子らは砂上に歌う
絵柄はファンタスティックな雰囲気で好きだったんだけれども話にはあまり興味が惹かれず。
いぬやしき
やや話の展開が唐突で薄っぺらく感じてしまふのがノイタミナらしいところか。こんな冴えないをっさんが主人公の番組を俺もよく見続けたものだ。
結城友奈は勇者である: 鷲尾須美の章・勇者の章
これまで通り雰囲気だけで話が進む番組だったね。

|

« Yash 2 その 285: エイリアス置換の細かい挙動 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169172/66181505

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組等感想 その 462: 2017 年第 4 四半期の纏め:

« Yash 2 その 285: エイリアス置換の細かい挙動 | トップページ